予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

良い条件の賃貸アパートを借りるポイントは借りる時期のタイミングとリフォーム物件の内覧です。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

良い条件の賃貸アパートを借りるポイント。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
良い賃貸アパートを借りる場合のポイントをご存知ですか。まず、空室が出やすいタイミングに合わせて申し込みをすることです。賃貸物件の動きが多いのは、転勤に合わせての3月です。しかし、3月はアパートを出る人も多いですが入る人も多く、良い物件には希望者が殺到してしまいます。結局第一希望の物件に入れないということも多いようです。

意外と知られていないのが、9月です。9月が年度締めの企業は少なくありません。ですので転勤する方も多いですが3月よりは少ないため、空室が出た後しばらくその部屋が空いている場合があります。そこで大家さんや管理会社の状況によりますが、空室を嫌がる場合は家賃の価格交渉にも応じてくれる可能性があります。一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

また、リフォーム物件を借りるのもおすすめのポイントです。築年数が古いアパートでも中をリフォームしたリノベーション物件は増えています。同じエリアであれば、新築アパートより家賃が安い場合が多いので、ぜひ一度内覧をおすすめします。
Copyright (C)2017予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.