予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸で部屋を借りるにあたりメリットとデメリットを持ち家と比較してみると自分にあった住処を探そう。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸におけるメリットとデメリットを考える。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
持ち家か賃貸か・・・永遠に悩めるテーマです。しかし何事にもメリットとデメリットが存在します。たとえば持ち家の最大のメリットといえば自分の所有物になるので「財産」として将来売却することも可能であるということ。デメリットは一括キャッシュで買える場合はともかくローンは長くてキツイもの。何年目からかどーんと税金が上がる場合もあること。メンテナンスは自分持ち、などでしょうか。

賃貸を考えてみると、賃貸のメリットはメンテナンスを自前で行う義務はないこと。さらに税金もない。それらによる経費の総額が持ち家と比べて選ぶ物件によっては総額が安く上がること。しかも住処をかえたくなればいつでも手続きをするだけで簡単に住みかえられます。昨今では住環境でのトラブルもよく聞きます。そんな時サッと他へ移れる環境であればストレスも減りますね。

それぞれメリットでデメリットがありますが、それは個々により捉え方が違うものです。じっくりと考えて自分にあった住処を見つけましょう。
Copyright (C)2018予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.