予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

松本に行った時に、下宿屋らしい古い賃貸物件をいくつも見ました。しかし今はほとんどが取り壊されました。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

松本で見た古い賃貸物件

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
長野県の松本に何度か行った時、その都度かなり古い賃貸物件を何カ所かで見かけました。どうやら旧制高校があった時代からの下宿屋のようです。どの物件も、大きな木造二階建てです。内部は障子で細かく仕切られており、そこが個室になっているようでした。しかし私が見た時は、もう誰も借りている人はいないのではないかと思われる、空き家のような雰囲気でした。それでも、いかにも昔の下宿屋という感じの建物を見るのは滅多になかったので、かなり新鮮に感じました。

松本には結構古い建物も残っているので、古い下宿屋は周辺の町並みとも合っていました。しかし数年後に訪れると、特に大きな建物だった下宿屋はなくなっていました。初めて見た時既に空き家の状態だったので、仕方がないことかもしれません。私が見た下宿屋の建物は、今ではほとんどが取り壊されました。時代の流れで仕方がないことではあります。しかし町の雰囲気によく合った、あの古い下宿屋の建物をもう一度見てみたいと時々思ってしまいます。
Copyright (C)2017予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.