予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸でもお世話になった近所の人達に、そしてこれからお世話になる人達に、引越しの挨拶は欠かせません。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸でも挨拶は忘れずに

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
引越しをしたら欠かせないのが、旧居と新居に「お世話になりました」「引っ越しました」という挨拶をすることです。たとえ賃貸マンションなどの集合住宅であっても、隣人に挨拶することは大事です。引っ越した先の部屋の隣に、どんな人が住んでいるのか顔を知っておくだけでも安心します。挨拶程度の関係でも、まったくコミュニケーションがないよりはましです。騒音トラブル防止や防犯対策にも繋がります。また退去するときにも隣近所の人にお世話になりましたという挨拶をするようにします。

その地でお世話になったり、ある程度顔を知っている住民なら、なおさら最低限挨拶だけはするようにしておくことが大人のマナーです。旧居でも新居先でも、挨拶の際はできれば500円程度の挨拶品を持って行くとさらに好印象です。洗濯用洗剤などの消耗品でもいいですが、ギフト券だととても喜ばれます。快適な賃貸生活をおくるうえでも、引越しの挨拶は肝心なのです。
Copyright (C)2017予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.