予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

健康のことを考えると、賃貸住宅は家賃が少し高くても、南向きの部屋を選んだ方がいいと思います。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸住宅は南向きの部屋を選ぶべきだと思います

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
学生の時、北と東に窓のある賃貸アパートに住んでいました。東側にはすぐそばに家があり、東の窓を開けても日が当たりませんでした。この部屋を見学した時は、部屋の中がとても綺麗だったので気に入りました。家賃も安くて大学の近くだったので、良く考えないですぐに決めてしまいました。

ところが住んでみると、全然良い部屋ではありませんでした。冬はとても寒くて、暖房費がずいぶんかかりました。また冬は寒いのに夏はそれほど涼しくなくて、湿気が強くてとても不快に感じました。2年たった時、契約の更新をしないで引っ越しました。引っ越した賃貸アパートは、古くて綺麗ではなかったのですが南向きでした。

学生でお金がなかったので、南向きで家賃の安い賃貸物件は、どうしても古い賃貸アパートになってしまいました。でもしばらく住むと、体調が良くなったように感じました。よく眠れてとても食欲がでてきました。そして大学の友達に顔色が良くなったと言われました。人によって異なるとは思いますが、南向きの部屋は体に良い影響があると思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.