予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

生活費に大きく関係する光熱費。賃貸物件の選び方によって大幅に変動します。賢く借りて光熱費を節約しましょう。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

日々の生活を考えた「賃貸物件」選びのポイント

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
暮らしに密着する住まい。家賃以外にも、生活費に大きく影響を与えるのが光熱費や食費です。少しでもゆとりある生活を送るために賃貸物件は賢く選びましょう。「賃貸物件」選びポイントは3つです。1.場所2.日当たり3.ガス。

まずは「場所」。通勤・通学がしやすいか。周りにスーパー・病院などがあるかどうか。また女性の一人暮らしであれば、駅やバス停からの帰り道が安全かどうか。もし通勤や通学に公共交通機関を利用するのであれば、できるだけ交通費が安くするような所がいいですよね。また、近くにスーパーがあると自炊する機会もふえ食費の節約にもなります。次に「日当たり」。向きや建っている場所(周りにビルがあるなど)によっては、1日中暗く、日中でも電気をつけなくてはいけない場合があります。電気代に大きく関係してきますので、きちんと確認しましょう。最後に、「ガス」。地域によって「都市ガス」と「プロパンガス」に分かれます。プロバンガスだと、都市ガスの2倍近くのガス代がかかるので、選ぶ際には確認したいですね。

賢く節約してゆとりある生活を送りましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.